Blogブログ

久喜くにやす 秩父市長ブログ。 日々の活動をお伝えしてます。

3月議会一般質問1日目

3月議会一般質問1日目

4人に方から質問を受けました。なかでも、震度 5 強以上の地震が発生した場合の対応は?

答弁では、地震発生後、即時に災害対策本部を設置し、本部長の指示の下、勤務時間内の場合は30 分を目途に、勤務時間外の場合は1時間を目途に第1回目の本部員会議を開催します。

それまでの間に、可能な限り、警察や消防から人的被害や住家被 害等の情報収集を行い、併せて、鉄道・電話・電気等のライフライ ンの他、各公共施設や職員の被害情報の把握と、通信機能の確保を 図ります。

第1回目の会議では、それまでの情報を元に、避難行動要支援者等の安否確認の他、救命活動や被災者支援活動等の震災応急対策の基本方針をはじめ、避難勧告や避難指示(緊急)の発令、避難所の開設、自衛隊の災害派遣、県や政府への連絡調整と応援要請、職員の動員と被害状況調査の実施等について、協議、及び決定します。

また、市民への情報伝達としては、避難勧告等の発令をはじめ、避難所の開設、ライフラインの被害状況等を、防災行政無線、安心・ 安全メール、市ホームページ、広報車等、様々な情報伝達手段を用いて、迅速に行います。

第 2 回目以降の本部員会議は、防災関係機関への情報収集や市職 員による被害情報調査、また、市民からの情報提供を一元管理する 中で、適宜適切に開催することになります。そして、被害状況に応 じた対策をその場にいる全職員をもって実施致します。

I accepted the general questions by 4 council members. My focused on one was the activities when an earthquake with an intensity of five would occur. We have the plan for the disaster. According to the emergency countermeasure, we will be holding managers’ meeting ASAP.

関連記事