Blogブログ

久喜くにやす 秩父市長ブログ。 日々の活動をお伝えしてます。

秩父市成人式

本日、この良き日に晴れて成人式を迎えられた新成人の皆様、ご成人、誠におめでとうございます。秩父市を代表し、心からお祝い申し上げます。

また、今日まで新成人の皆様を愛情をこめて大切に育ててこられました、ご家族の皆様におかれましても、深い敬意とともに、お祝い申し上げます。

さらに、ご来賓の皆様におかれましては、新年早々ご多忙の折、ご列席を賜り、厚く御礼申し上げます。

この成人式は令和となって最初の成人式です。平成の時代に生まれ、幾多の変革の波を乗り越えて、こうして20歳を迎え、成人となった皆様は、様々な権利が与えられるとともに、社会に対して義務を果たしていくことを求められます。本日のこの成人式が、ここにおられる皆様一人一人が、社会人としての権利と義務を果たしていくことを自覚し、さらには自分の行動に対しての責任を持つことを心がけるための節目としていただければ幸いでございます。

さて、「君たちはどう生きるか」という戦前に出版されたベストセラーになった本を読みました。

その内容を参考にして、今日の成人式の事を考えました。

君たちは、天文学的「偶然」、即ち「奇跡」で、生まれてきました。

そして、もしかしたら、戦争の起こっている国や山深い国、砂漠の国、貧困の国で生まれたかもしれません。

今日は、NHKで「小さな旅」の放映がありましたが、この素晴らしい秩父市で生まれた事は、大切な「ご縁」だと思います。この「ご縁」をもとに、人と人、さらに地域との「繋がり」大切にしてください。そして、「何をしたか」ではなく「どのように生きたか」を考える人生を送ってください。この言葉を私から新成人の皆様に贈りたいと思います。

令和という新しい時代に向けて、大きな夢と限りない希望に、その若い心と体と、不屈の精神で万事に立ち向かっていただきたいと思います。

結びに、皆様が、果てしない未来に向かって、切磋琢磨し、輝かしい人生を歩んで行かれますようご祈念申し上げ、私からのあいさつとさせていただきます。

関連記事