Blogブログ

久喜くにやす 秩父市長ブログ。 日々の活動をお伝えしてます。

予想より人口減少のスピードが遅くなりました!

「予想より人口減少のスピードが遅くなりました!」
本日、ちちぶエフエムに出演し、「定住自立圏とは、空き屋どぉする?」のお話しをしました。
皆さまは、ちちぶ定住自立圏構想ってご存じでしょうか?秩父だけではなく、全国地方に共通する人口減少、少子高齢化が進んでおります。そこで、人口集中の流れを、東京圏一局集中から地方へ変える必要があります。その鍵となる方法が、ちちぶ定住自立圏構想です。そのかかる費用は、特別交付金で補われます。私が市長になってスタートした事業です。これにより、救急病院数が減る状況に対応、里帰り出産などの産科、秩父全体で観光を宣伝し観光客数が倍増、切れ目のないケア、私有林の整備、ジオパーク認定、広域水道、秩父5校の高校魅力化などと本日のテーマの空き屋バンクの推進です。

コロナ禍でリモートワークやテレワーク、さらにはワーケーションが進んで参ります。東京から近い秩父で、気分転換に山や公園を歩くなど、自然の中で仕事ができる秩父の空き屋を活用して頂きたいと願っております。なお、若者が移住した場合は一律20万円の奨励金、軽自動車購入費補助、空き屋改修費補助な移住者向けの補助も行っております。

最後に、この定住自立圏の効果で、国の人口減少のスピード予測で、平成17年と比較して、定住自立圏を始めた平成22年は国がー5.0%減少としましたが、実際はー7.2%してしまいましたが、定住自立圏が進んだ27年には国はー6.7%減少と予測しましたが実際はー4.4%に留まりました。人口減少のスピードが遅くなり、定住自立圏の効果がありました。

関連記事